PAGETOP

弁護士が運営する介護・福祉情報サイト外岡さんに聞いてみよう!
介護・福祉系 法律事務所 おかげさま
MENU
  • 外岡さんってこんな人
  • 本サイトの特徴
  • 介護事業所様のお問い合わせはこちらから
  • その他法的なお問い合わせはこちらから
知っておきたい!介護・福祉のトラブルについて
  • 実際にあった介護裁判事例
  • 裁判の仕組みと責任の認定基準
  • 介護・福祉の世界の用語辞典
介護保険制度について
タイトル マイナンバー・厚労省通知506発出後・ケアマネの署名代行について
...
質問

今まで要介護申請等の書式の、本人欄もケアマネが署名代行してしまっていたのですが、これからは止めた方がいいでしょうか?

回答

法的には、ご利用者自身が健常で意思表示ができ、ただ手が動かせずサインできないという場合であれば第三者による署名も可能となります。もっとも認知症の場合は権限なくしていることとなるため、悩ましいところです。

実務上は、要介護申請等の業務はご利用者本人にとって利益になりこそすれマイナスには作用しないので、柔軟な運用を認めているといえ、申請等業務そのものについては、これまで通りのやり方で良いと考えます。

一方で個人番号欄については厳格に判断し、少しでも不安材料や権限が存在しないと思われる場合は、事業者による個人番号欄への記入は控えた方が無難でしょう。

まずはこちら!→メール相談のしかたとご利用上の注意(ご利用の前にお読み下さい)