PAGETOP

弁護士が運営する介護・福祉情報サイト外岡さんに聞いてみよう!
介護・福祉系 法律事務所 おかげさま
MENU
  • 外岡さんってこんな人
  • 本サイトの特徴
  • 介護事業所様のお問い合わせはこちらから
  • その他法的なお問い合わせはこちらから
知っておきたい!介護・福祉のトラブルについて
  • 実際にあった介護裁判事例
  • 裁判の仕組みと責任の認定基準
  • 介護・福祉の世界の用語辞典
介護保険制度について
タイトル キャンペーンで宿泊費半額を謳ってよいか
...
質問

ショートステイの管理者です。最近立ち上げたばかりなのですが、ご近所やケアマネ等にチラシを配り、そこで2か月間開設記念キャンペーンとして「ご利用者の宿泊費御負担分を半額に致します」という特典を提示したいのですが、問題ないでしょうか。

回答

結論としては可能といえます。施設利用時の宿泊費は介護保険制度外の費用であるため、同制度上制約を受けるものではなく、いわゆる私的自治、自由経済活動の範囲内といえるためです。

もっとも、集客目的で余りに極端な差を設けてしまうと、適用外の利用者との間で不公平が生じてしまうため、保険者から見れば必ずしも推奨できることではないそうです。念のため展開されている二つの自治体の介護保険課に問い合わせましたが、同じ見解でした。

従って、最終的には各事業所の判断ということになりますが、ご質問の内容であればまず問題は無いと言ってよいでしょう。ただしこうしたグレーな論点については、将来実地指導等で指導されない様、出来る限り保険者の担当者を特定した上で問答を記録として残しておくべきです。なお「質問する際に事業所名を明かさなければならず、怖い」ということであれば、小職の方で一般的な質問ということで代理で聞くことができます。

まずはこちら!→メール相談のしかたとご利用上の注意(ご利用の前にお読み下さい)