PAGETOP

弁護士が運営する介護・福祉情報サイト外岡さんに聞いてみよう!
介護・福祉系 法律事務所 おかげさま
MENU
  • 外岡さんってこんな人
  • 本サイトの特徴
  • 介護事業所様のお問い合わせはこちらから
  • その他法的なお問い合わせはこちらから
知っておきたい!介護・福祉のトラブルについて
  • 実際にあった介護裁判事例
  • 裁判の仕組みと責任の認定基準
  • 介護・福祉の世界の用語辞典
介護保険制度について
タイトル 利用者負担額の消滅時効
...
質問

訪問介護ステーションの管理者です。あるご利用者が亡くなられ、3年前の未払い利用料が滞納していたのですが、相続人である息子さんに請求してよいものでしょうか。介護報酬の請求権は2年で消滅すると聞きましたが、ご利用者との関係ではどうなのでしょうか。

回答

実はこれは難しい問題であり、結論から言いますと10年と解釈されます。通常、私人間の債権債務は10年で消滅するのですが、民法では短期消滅時効という特殊な場合が定められています。

その中で、「医師の診療・助産師の助産・薬剤師の調剤に関する債権」は3年で消滅するとされているのです(民法170条1号)。これは患者の自己負担割合である3割分の請求権を指しますので、介護の場合もこれに倣い3年と解すべきか、或いは条文上明記されていない以上10年としていいのかについては、厚労省も正式に考えを示していません。

もっとも、当職が介護保険計画課に尋ねたところ、「条文に書いていない以上原則に戻り10年となると思う」との回答でした。ですから、ともかくも請求してみるのが良いかと思います。もし消滅時効を主張されたら、上記の様な論点が問題となることになります。

まずはこちら!→メール相談のしかたとご利用上の注意(ご利用の前にお読み下さい)