PAGETOP

弁護士が運営する介護・福祉情報サイト外岡さんに聞いてみよう!
介護・福祉系 法律事務所 おかげさま
お問合せ
MENU
  • メール相談の仕方とご利用上の注意
  • 外岡さんってこんな人
  • 本サイトの特徴
知っておきたい!介護・福祉のトラブルについて
  • 実際にあった介護裁判事例
  • 裁判の仕組みと責任の認定基準
  • 介護・福祉の世界の用語辞典
お問合せ
Jɂ‚
^Cg 労働条件通知書と雇用契約書の違い
...
質問

デイサービスを経営しています。弊社では人を雇い入れる際「労働条件通知書」を、ネットにあったひな型をそのまま流用して使用しているのですが、先日実地指導で「雇用契約書にすべき」と指摘されました。そうすべきでしょうか?

回答

法律上はどちらでも良く、従う必要はありません。ですが、「雇用契約書」の方が被用者の署名押印がある分、確かに記載事項につき説明を受け了解したことの証明になるので、よりしっかりした書面といえます。

ですから、これまでの雇用についてはわざわざ契約書を結び直す必要まではありませんが、以後新規に雇う際は雇用契約書に切り替えられると良いでしょう。フォーマットとしては殆ど労働条件通知書と同じで、末尾にサイン欄がある程度の差しかありません。

まずはこちら!→メール相談のしかたとご利用上の注意(ご利用の前にお読み下さい)