PAGETOP

弁護士が運営する介護・福祉情報サイト外岡さんに聞いてみよう!
介護・福祉系 法律事務所 おかげさま
お問合せ
MENU
  • メール相談の仕方とご利用上の注意
  • 外岡さんってこんな人
  • 本サイトの特徴
知っておきたい!介護・福祉のトラブルについて
  • 実際にあった介護裁判事例
  • 裁判の仕組みと責任の認定基準
  • 介護・福祉の世界の用語辞典
お問合せ
Jɂ‚
^Cg 身元保証人の責任は退職後も有効か
...
質問

訪問介護事業所を運営する者です。先月、元職員が同一地区で独立し同じ訪問介護事業を始めました。その者は、うちの利用者や職員に水面下で働きかけ、数名を横取りしていきました。就業規則や誓約書に定める競業避止義務に違反するとして賠償を求めたいのですが、この者の身元保証人に対しても請求はできるのでしょうか。

回答

身元保証契約の期間内(最長5年まで)であれば、退職した後も請求可能です。ただし、身元保証に関する法律には「使用者は、左の場合においては、遅滞なく身元保証人に通知しなければならない。」(第3条)「被用者に業務上不適任または不誠実な事跡があって、このために身元保証人の責任の問題を引き起こすおそれがあることを知ったとき」(同条1項)とされており、原則として気づいた時点ですぐ保証人に報告する必要があります。

本件では退職後に気付いたとのことなので通知は後になっても止むを得ないためおそらく問題はないと思われますが、いずれにせよまず引受人に連絡を取り、事情を説明して賠償を求めるということになるでしょう。但しいわゆる競業避止義務の問題はグレーであり賠償義務の判断が難しいケースが多いため、確実に請求できるとの確証を得てから行動に移されるのが良いかと思います。

まずはこちら!→メール相談のしかたとご利用上の注意(ご利用の前にお読み下さい)