PAGETOP

弁護士が運営する介護・福祉情報サイト外岡さんに聞いてみよう!
介護・福祉系 法律事務所 おかげさま
MENU
  • 外岡さんってこんな人
  • 本サイトの特徴
  • 介護事業所様のお問い合わせはこちらから
  • その他法的なお問い合わせはこちらから
知っておきたい!介護・福祉のトラブルについて
  • 実際にあった介護裁判事例
  • 裁判の仕組みと責任の認定基準
  • 介護・福祉の世界の用語辞典
リスクマネジメント・ご家族対応
タイトル 緊急時の医療行為は適法?
...
質問

施設等でご利用者が誤嚥・窒息等、急変された様なとき、近くに居合わせた介護職員がハイムリック法や人工呼吸、心臓マッサージ等の医療行為をしてもよいものでしょうか?

回答

問題ありません。目の前の命を救うべく、医療行為であろうと関係なく躊躇なく手を尽くすべきです。緊急時であれば、無資格者であっても違法性は認められないため、実施方法がよほど間違っていない限り責任を負わされることはありません。むしろ「自分は介護職だから」と何もせず見ているだけという「不作為」が、責任に問われるものであると理解しましょう。

まずはこちら!→メール相談のしかたとご利用上の注意(ご利用の前にお読み下さい)